ワークライフバランスという言葉が注目されつつあります。仕事の私事のバランスをとって、もっと人生を楽しみましょう、ということです。
仕事以外に打ち込めるはありますか?このブログではいろんな趣味に触れたいと思います。

趣味を持とう〜趣味でワークライフバランス〜

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
[ HOMEキャンピング・カー > キャンピング・カーに憧れていました ]

キャンピング・カーに憧れていました

< キャンピング・カーに憧れていましたの記事はココから >
車の中で生活している光景、子供の頃、アメリカの映画を観て
異様にでかい車に衝撃を受けました。

車の中にベッドがあり、キッチンがあり、シャワーまで!
その映画ではキャンピング・カーに乗って全米をジャーニー(旅行)して
いました。
いいですよね、キャンピング・カー。
最近は日本でもキャンピング・カーが密かな人気を集めているようです。


キャンピング・カーとは、車内で生活ができる設備を搭載し寝泊りができる、
車のことを指します。米国の大型自走式車「モーターホーム」、
牽引タイプの「キャラバン」「キャンピング・トレーラー」とも呼ばれていますが、
日本ではこれらを総称して「キャンピングカー」と呼称されています。

道路運送車両法によるとキャンピング・カーは特種用途自動車に区分されます。
一般的に「改造車」の意味合いで取られ、生活の為の乗用車というよりも、
セカンド・カーというイメージが強い人が多いと思います。
さらにあの大きさの車ですから一般人では所有できない贅沢なイメージがあり
日本ではそれほど人気のないものでした。

しかし1980年代にRV車(現在のミニバン、ステーションワゴンと呼ばれているもの)の
発売がこの状況を変えました。
家庭のレジャーに「キャンプ」や「アウトドア」がブームとなり、
それが追い風となって「日常的利用の車両でも(キャンピング・カー)として
登録できることができる」と、一般に知れ渡りました。

夏場に河原に行くと何台ものキャンピング・カーを見かけるのも
当たり前になっていますね。


また、団塊の世代の人々が定年退職を迎えている今、その余暇を過ごすため
キャンピング・カーの関心が高まり、日本でも徐々にキャンピング・カーの認知度と
需要が高まっています。

市中でキャンピング・カーが走っているとまだ違和感がありますが、
北海道みたいな雄大な自然の中をキャンピング・カーで周ってみたいものですね。



< キャンピング・カーに憧れていましたの記事の続きはココから >
< キャンピング・カーに憧れていましたの記事はココまで >
| カテゴリ : キャンピング・カー | 2008.11.07 Friday 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
<< バーベキューは創造の世界 | HOME | 生涯スポーツを見つけよう >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
RSSで更新状況をチェック
ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログへ
SponsoredLink
現在表示記事
関連キーワード

趣味