ワークライフバランスという言葉が注目されつつあります。仕事の私事のバランスをとって、もっと人生を楽しみましょう、ということです。
仕事以外に打ち込めるはありますか?このブログではいろんな趣味に触れたいと思います。

趣味を持とう〜趣味でワークライフバランス〜

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
[ HOME電車でGo! > 秋を探しにローカル線の旅へ ]

秋を探しにローカル線の旅へ

< 秋を探しにローカル線の旅への記事はココから >
一昔前は電車好きの人を「オタク」と揶揄していましたが、
今では電車好きの男の人を”鉄ちゃん”、女性を”鉄子”と呼びますね。

先日、埼玉県さいたま市にある鉄道博物館へ行ってきたのですが
子供連れの家族が沢山いました。
子供たちは目を輝かせて古い機関車や鉄道に見入っていました。
一度は行ってみる事をオススメしますよ!

でも、多くの人は電車そのものではく電車の旅の方が好きですよね(笑)
リタイアしたらローカル線の旅をして全国を回りたい、と
思っている人は多いのではないでしょうか。

ローカル線とは、いわゆる小規模な地域内輸送や、地域間輸送の
鉄道路線及び道路・航路のことを言います
通常、ローカル線はそこに住む住民の生活の足として利用されますが、
中には観光地の鉄道として知られているものもあり、未だに走っている存在そのものが
貴重となっているローカル線もあります。


山あいの風光明媚な区間を走る山岳鉄道や、本線ではすでに旧式化され
使用されなくなった年代物の車両や、蒸気機関車を走らせている地域もあります。
私も以前に高知県で山間を縫うように走るローカル線に乗りました。
ぶつかるんじゃないかと思うくらいの走路だったんですが、
自然の中を走るその気持ちよさは言葉で言い表すのは難しいですね。

満員電車に乗っていては決して味合うことの出来ない
日本の風情と景色を発見できるのがローカル線の魅力の一つでは
ないでしょうか。

北は北海道から南は九州まで各路線のローカル線があります。

その中でもこれからの季節でオススメしたいのは北海道のローカル線です。
宗谷本線は旭川、稚内を走る全長259.4kmのローカル線で、この宗谷本線こそが、
日本最北端路線なのです。
そして、もう一つ紹介したいローカル線は、北海道をもっとも誇るローカル線、
釧網本線です。
網走、東釧路を走る166.2kmの工程では北海道の四季折々の絶景を
楽しむことができます。特に冬の風物詩『三白』と呼ばれているタンチョウヅル、
オオハクチョウ、流氷、この全てを釧網本線の車窓から鑑賞できるかもしれません。

リタイア後とはいわずに、長期の休みを利用して、あるいは週末に
ローカル線を楽しむのもいいですね。
特に都会人は自然と触れ合う機会が少ないので、リラックスも兼ねて
のんびりと電車に揺られるローカル線の旅は絶好のストレス解消に
なるのではないでしょうか?

ヨガやアウトドアなどアクティブな趣味を紹介してきましたが
旅というのも良い趣味ではないでしょうか。


< 秋を探しにローカル線の旅への記事の続きはココから >
< 秋を探しにローカル線の旅への記事はココまで >
| カテゴリ : 電車でGo! | 2008.11.18 Tuesday 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
<< ヨガの効果は外面より内面です。 | HOME | ボウリングってブームに波がありますよね >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
RSSで更新状況をチェック
ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログへ
SponsoredLink
現在表示記事
関連キーワード

趣味