ワークライフバランスという言葉が注目されつつあります。仕事の私事のバランスをとって、もっと人生を楽しみましょう、ということです。
仕事以外に打ち込めるはありますか?このブログではいろんな趣味に触れたいと思います。

趣味を持とう〜趣味でワークライフバランス〜

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
[ HOME登山 > 登山における服装 ]

登山における服装

< 登山における服装の記事はココから >
日本で最高峰の山と言えば言わずと知れた「富士山」ですよね。
その標高は3776m、これを高いと思うのか低いと思うのかは個人の自由です。

毎年、登山中に死亡する事故が起きていますよね。中高年に大人気の
登山ですが実は危険と隣り合わせな事は覚えておいたほうがよいでしょう。

冬山を前にこれからの時期は例え日帰りの登山スケジュールだとしても、
万が一を備えた服装・装備が必要になってきます。

趣味として登山を始めるなら、先ずは服装や持ち物からチェックして下さいね。
以前、私が富士登山をした時の事ですが、登山靴はおろかスニーカーも履かずに
サンダル+ハーフパンツと言ういでたちで山を登っている人がいました。

格好ばっかり気にしてぇ。と思う人もいるかもしれませんが危険防止、怪我防止の為にも
まずはきちんとした登山向けの準備が必要です。

初心者の方は特に登山のガイドブックに書かれているようなしっかりした装備が必要です。
ある程度山登りに慣れてくれば他のもので代用できるものも分かってきますが、最初はは
きちんと登山用のものを準備したほうが無難でしょう。

<登山に最低限必要>
リュック、登山用の靴、水筒、レインコート、ヘッドランプです。この5つはどんなサイトや
登山の本にも最低限の必需品として紹介されているので覚えておきましょう。
ヘッドランプなんて何で必要なの?思うかもしれませんが、日帰り登山の場合も天候の変化に
より予想以上に早く暗くなったり下山が遅れることもあります。
なかなか予定通りの登山と言うのは難しいものなんですよ。


その日の体調によって高山病を発症する事もありますし、足が痛くなる事だって
ありますからね。

上記に上げた5つ道具は忘れずに準備しましょう。リュックはバックパックともいい、
自分の背中にフィットするものを選びましょう。大きさは日帰りなら1泊ぐらいの
30ℓ以下でいいです。2〜3泊するなら30〜40ℓの容量が適しています。

リュックの目安とては、自分のが持参する荷物を全部を入れても2割ぐらいは余裕が
あるくらいが良いとされます。形は大きく分けて2種類です。
一つは「パネルローディング」で、子供のリュックのように全面をファスナーで開閉するもの。
荷物の出し入れが楽にできます。
もう一つは「トップローディング」で、上部分から出し入れします。それを雨ふたをかぶせて
固定します。
トップローディングの方が登山者にとっては主流のタイプとなっています。



< 登山における服装の記事の続きはココから >
< 登山における服装の記事はココまで >
| カテゴリ : 登山 | 2009.11.02 Monday 16:39 | comments(27) | trackbacks(0) |
[ HOME登山 > 登山をしながら景色をパシャリッ! ]

登山をしながら景色をパシャリッ!

< 登山をしながら景色をパシャリッ!の記事はココから >
登山には様々な魅力があります。
頂上を目指して山登りを楽しむ一方でそこから見える景色、高所で咲いている花、
自然と一体になることで得られるリラックス効果。
本当に登山には魅力的な要素がふんだんに盛り込まれてますね。

登山をしながら写真を撮る、という事を趣味にしている人もいます。
私の知り合いにも山の表情を沢山写真に収めて、それをホームページ上で
公開している人がいます。
木々や草花はもちろんのこと、渓流や動物(鳥など)をまるで子どものような
目で追っています。

普段、なかなか目に出来ない情景だからこそ彼はあそこまで夢中に
なれるんだろうなぁ(笑)


言うまでもなく登山は健康維持にとっても良い運動になります。最近、トレーニングジムを
ちょっと覗いてみたのですが、年齢層が以前より高くなっていることに気付きました。
今までは最前線でバリバリと仕事をしていたお父さん達も定年が見えてくる50代後半
くらいに近づいてくると、自分の新しい道を模索するようになります。
定年後をどう過ごすかは人生80年となった現代ではとっても大切なことですね。

今まで文句もあまり言わずに連れ添ってきた夫婦での共通の趣味があれば
夫婦二人三脚で今後の人生が楽しくなることは間違いありません。


とは言え、いきなり登山をする事はリスクがあります。特に運動の習慣がなかった人は
絶対に止めましょう。最初はハイキングやウォーキングなど「歩く」事を習慣にすることから
スタートするといいと思います。

自然の中で歩いて汗をかく、子供の頃は毎日のようにしていたことです、ことが
どれだけ気持ちのよい事か。

登山が趣味になること間違いないです。それも一生の趣味として楽しめます!!



< 登山をしながら景色をパシャリッ!の記事の続きはココから >
< 登山をしながら景色をパシャリッ!の記事はココまで >
| カテゴリ : 登山 | 2009.10.22 Thursday 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME登山 > 登山にブームの兆し ]

登山にブームの兆し

< 登山にブームの兆しの記事はココから >
そろそろ紅葉がキレイな季節ですね。
おっと、随分ご無沙汰なブログの再開です。

最近の新聞の記事で登山=山歩きを楽しむ女性が増えているというものを
見ました。
しかもこの女性と言うのが若い女性のようです。

彼女等は従来の登山のスタイルを超越して、何と!スカートを履いて
山歩きをしていると言うのです。
どんな場所・どんな時でもファッションを楽しみたいんですね。

で、スカートを歩いての山歩きですがこれが意外と楽なようです。
どうやらアウトドア用のスカートというのもあるらしい、スカートだと
ズボンの裾を捲り上げる必要もないので、足場が汚い山のトイレなどでも
便利なようです。

もちろん、スカートの下にはスパッツやタイツ(レギンス?)を履きますよ。
山歩きでは虫刺されや葉っぱで肌を切ってしまう事が多いので
肌の露出はNGですから。

そうは言ってもやはり山の高低や勾配によって厚手のモノを履いたり、カラフルな
オシャレを楽しむようにするのが山歩きの楽しみ方だと思います。
 

それにしても登山が趣味という人が増えています。特に中高年の方を中心に
その人気は高まっています。
週末になるとこれから山登りに行こうとする中高年の団体を駅で見かけたりします。

登山がここまで趣味として人気があるのは何か理由があるのだろうか?
考えてみると、中高年の世代の人が好きな要素が登山には含まれています。

何と言っても、登山には自然の中に入って自然と一体となることが出来ますよね。
そして自然の中には壮大な景色はもちろん、登山して高い山でしか見られない
貴重な草花もたくさんあります。
幼き時代、田舎の山で命一杯遊びまわった記憶が影響するのかもしれません。
会社勤めをして一生懸命働いてきたけど、リタイアしてみると自然の匂いが
懐かしくなるのかも??

リタイア後は夫婦で登山を楽しむ人もいます。
なかなか2人で楽しむ時間が持てなかったけれど、リタイアを機に夫婦で共通の
趣味を持つというのは良いですね。

たまには都会の雑踏から離れて山の自然を満喫したいものです。


< 登山にブームの兆しの記事の続きはココから >
< 登山にブームの兆しの記事はココまで >
| カテゴリ : 登山 | 2009.10.22 Thursday 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
RSSで更新状況をチェック
ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログへ
SponsoredLink
現在表示記事
関連キーワード

趣味