ワークライフバランスという言葉が注目されつつあります。仕事の私事のバランスをとって、もっと人生を楽しみましょう、ということです。
仕事以外に打ち込めるはありますか?このブログではいろんな趣味に触れたいと思います。

趣味を持とう〜趣味でワークライフバランス〜

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.02 Monday | - | - |
[ HOMEその他の趣味 > シティライドでエコにも貢献 ]

シティライドでエコにも貢献

< シティライドでエコにも貢献の記事はココから >
こんばんは。久しぶりの更新となってしまいましたね。

シティライドって言葉知っていますか?

city(街)+ride(乗る)=街を自転車で駆け回る!

今の時期はちょっと寒いですけど、自転車が見直されて
いますね。
健康増進にもいいし、エコにも貢献でき、サイフにも優しい。
休日になると多摩川などの河川敷で集団で走っている
ライダーたちを見かけることあります。

歩いて見える景色と自動車から見る景色が違うように
自転車に乗るだけで街の景色が変って見えることでしょう。

自転車を購入する時には3つのポイントがあります。
.妊競ぅ鵝文た目)
値段
ハンドルです。

デザインは言うまでもないですね。特に女性なら
ウェアと同様に見た目にも気を使いたいですから。
男性だってクールでかっこよい自転車に乗りたいと思います。
乗っている自分自身を想像してみるとデザインが
良いほうがファンライドを楽しめますよね。

二つ目の値段も重要です。高すぎるモノは直ぐには
必要なくても、あまりに安すぎると機能面がしんぱいですよね。
機能は乗り心地に影響しますからしっかりと販売店の店員に
相談しながら納得して購入するようにましょう。

三つ目のハンドルについては文字で説明するのは
難しいので、店員さんに聞いてみてください。(すいません)

大人になると自転車を乗る機会が減っている人も
多いかもしれませんが、久しぶりに乗ってみると
新たな発見があるかもしれません。


言うまでもなく、自転車は男女や年齢は関係なく楽しめる
生涯スポーツ(趣味)になりますからね!


< シティライドでエコにも貢献の記事の続きはココから >
< シティライドでエコにも貢献の記事はココまで >
| カテゴリ : その他の趣味 | 2008.12.15 Monday 21:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
[ HOMEその他の趣味 > ボウリングってブームに波がありますよね ]

ボウリングってブームに波がありますよね

< ボウリングってブームに波がありますよねの記事はココから >
中学生の頃まではよく行っていました。

ボウリングって何であんなに夢中になれるんでしょうね。
10本のピンをボールを投げて倒すだけの単純な
ゲームに、大人も子供も夢中になれます。

ボウリングにはブームがあるようで、第一人者である
中山律子さんが第一次ブームの火付け役だったんですよね。
(私は産まれていませんが・・・)


あの頃の映像を観ると、本当に老若男女関係なく、
ボールを投げている姿が映っていました。
ボウリング場に行くと、もちろん家族連れ仲間同士で
楽しんでいる人が大部分ですが、中には1人で黙々と
投げている人を見かけます。

それも結構なお年をめされている、でも上手いんです。
プロが付ける様なプロテクター?にマイボウルで
凄いカーブを投げているわけです。

スコアを見ると200点を越えている事も?

生涯スポーツにボウリングが良いという記事を
見たことがあります。
それほど激しい運動でもないので、高齢者の方も
楽しめる。パワーがあれば良いというわけではないので
誰もが楽しめるファミリースポーツがボウリングです。


最近はアイドルのようにルックスの良い女子プロボウラーが
深夜のテレビでトーナメントを繰り広げています。
またぞやボウリングのブームが起きているように
感じますね。

ボウリング好きが集うサイトもありますし。





行く機会がめっきり減りましたが、最近、mixiのボウリングオフに
参加してきました。
オフ会と聞くと飲み会ばかりをイメージするかもしれませんが
共通の趣味として楽しめるボウリングオフはオススメですよ。
< ボウリングってブームに波がありますよねの記事の続きはココから >
< ボウリングってブームに波がありますよねの記事はココまで >
| カテゴリ : その他の趣味 | 2008.11.19 Wednesday 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOMEその他の趣味 > 生涯スポーツを見つけよう ]

生涯スポーツを見つけよう

< 生涯スポーツを見つけようの記事はココから >
ランニングを趣味として楽しんでいる人が増えています。
私自身は中学時代に「箱根駅伝」で見た渡辺康幸選手(現早稲田大学監督)の
影響で高校から陸上部に入りました。

それからすっかりランニングの魅力にはまり、
今でも時間を見つけてはランニングライフを楽しんでいます。

ブログも運営中⇒ランナーによるランナーの為のブログ

今回は生涯スポーツについて書こうと思います。
スポーツなんて嫌い・疲れる、何て言わずに身体を動かしましょうね。
人間も動物の一員、「動(く)」+「物」なんですから。

スポーツは、身体を動かすという人間の本能的な欲求に応えてくれます。
爽快感、達成感、喜び、さらには、体力の向上や精神的な
ストレスの発散、そして生活習慣病の予防といった心身の両面にわたる
健康の維持増進に欠かせないものではないでしょうか。


日本では、1920年頃(大正時代末)から高等女学校の生徒たちがテニスや
水泳などのスポーツをやり始めました。

それに伴い女学校どうしの対抗戦や女子の地域大会が徐々に
開催されるようになりました。
その後、陸上競技や水泳・ 野球・テニス・バレーボール、
あるいはバスケットボールいった種目を行う総合的な全国大会が
1924年頃に開かれたそうです。

オリンピックなどの国際大会に日本の女性代表選手を派遣するための
組織として、日本女子スポーツ連盟が創設されたのは、
1926年とされています。(確かな記録はないようです)

スポーツと聞くと競争性のあるものだと捉えがちですが、
スポーツをすること(楽しむこと)は人間の権利であると考える
生涯スポーツの推進にあたっては、競技スポーツの概念は無用です。

それよりも健康の維持増進や体力づくり、あるいはコミュニケーションなどの為に
行う運動もスポーツとして見なすことが必要ではないでしょうか。

特に昨今ではコミュニケーションの場がどんどん減っています。
と同時にスポーツと言うのは年齢も性別も職業も関係なく
誰もが楽しめる共通の活動と言えると思います。


生涯スポーツとは、市民の一人一人が、生涯の様々なライフステージにおいて、
各人の好みやライフ生活スタイルに応じて、楽しみや生きがいを感じながら、
健康づくりができるような身体活動と捉えることができるでしょう。

スポーツをする事は人生をより豊かに、また充実したものにするのと同時に、
人間の身体的および精神的な欲求に応える世界共通の人類の
文化の一つであるとされています。




< 生涯スポーツを見つけようの記事の続きはココから >
< 生涯スポーツを見つけようの記事はココまで >
| カテゴリ : その他の趣味 | 2008.11.07 Friday 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
RSSで更新状況をチェック
ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログへ
SponsoredLink
現在表示記事
関連キーワード

趣味